遊風の養生日記Ⅱ

術伝流の愉癒庵遊風(颶風颯雷電)が、鍼灸操体食養はじめ養生について書いていきます

キュウリと青唐辛子の玄米麹粉漬

f:id:kuhuusa-raiden:20210713143125j:plain

キュウリの玄米麹粉漬、丸2日、味:糠漬(古漬…乳酸発酵で酸っぱい)+ほんのり甘い(麹)

f:id:kuhuusa-raiden:20210713143254j:plain

キュウリの玄米麹粉漬、新しく仕込んだ、玄米麹粉を少し足した

f:id:kuhuusa-raiden:20210713143457j:plain

青唐辛子の玄米麹粉漬、5日目かな?、発酵しているブクブクが見えますか?

f:id:kuhuusa-raiden:20210713143658j:plain

青唐辛子の玄米麹粉漬、上から見ると

・玄米麹粉漬
1.玄米麹をイワタニのミルサーで粉にしたもの

2.自然海水塩
3.酒粕(少々)

4.麹屋甚兵衛の「浅漬けの素」(少々)

5.発酵バナナ:メキシコ産有機バナナの玄米麹粉漬(少々)

※(追記):水が上がりきらないうちは、1日数回振ったり、瓶の蓋を固く締めて逆さまにしたりします(逆さまを終えたら蓋を弛めるのを忘れずに、発酵ガスを逃がすため)。それでも、水が上がりきらない時は、自然塩を溶かした水、キュウリの玄米麹漬で余った水、麹屋甚兵衛の「浅漬けの素」を足します。

 

 長く使うもの、例えば、青唐辛子、ミカンや夏ミカンの皮、バナナは、上記。
 発酵バナナは(発酵しやすいので)漬物を入れる時に少し入れると、漬物が発酵しやすいです。また、玄米御飯を炊く時に少し入れると、半日位でブクブクと泡立っています。

 キュウリのように1,2日漬けて食べてしまうものは、漬け上がった物を取り出した後に、味を確かめながら、玄米麹粉と自然海水塩を足して、漬汁は使いまわします。キュウリ用の漬汁は3年目です。

夏を乗り切るために。
真夏は、昼蕎麦の薬味として、鷹の爪の粉よりも、青唐辛子の漬物の方が美味しく感じられます。漬物にするのは、半額の時に大量に買って、保存するため。
キュウリの漬物は、暑い時期のおやつ代わりです。

追記:玄米麹を粉にするのが面倒なら、麹屋甚兵衛の米粉麹と糠でも良いと思います。

追記2:キュウリの玄米麹粉漬は、1日経つと、こんな風に発酵します

f:id:kuhuusa-raiden:20210714145834j:plain

キュウリの玄米麹粉漬、1日経つと、こんな風に発酵します

追記3:発酵しやすいわりに、漬汁(漬床)の管理は、糠床や三五八漬床よりも簡単です。

追記4:トマトと葉ネギの玄米麹粉漬は以下

kuhuusa-raiden.hatenablog.com


追記5:「発酵しやすさ」、「漬床の管理が簡単」の他に、気に入っている点は、「キュウリなどの果菜、ネギや山椒若葉などの葉物、ミカンや夏ミカンの皮(秋にはリンゴ紅玉の皮で挑戦の予定)、などが同じ漬け方で漬けられる」こと、「食べる時に、洗わず、そのまま食べられる」ことですね。「そのまま食べる」ために、食べる時のサイズに漬ける時に切ってます。