遊風の養生日記Ⅱ

術伝流の愉癒庵遊風(颶風颯雷電)が、鍼灸操体食養はじめ養生について書いていきます

見切り品で、漬物3種

f:id:kuhuusa-raiden:20190504150345j:plain

左から、青唐辛子+塩+糀、近江新生姜+酢+塩、ウド+塩(+糀)

近くのスーパーで、昨日今日と、食べられそうな見切り品の野菜が出ていた。昨日は青唐辛子、今日は近江新生姜とウドを買ってみた。

 

 青唐辛子は塩と糀+麹屋甚兵衛の浅漬けの素を少々、近江新生姜は酢と塩、ウドは塩+麹屋甚兵衛の浅漬けの素を少々(一杯で糀を入れる隙間が無かったので、塩が回って隙間が出来たら、糀も入れる予定…写真を撮ってから1時間半ほどで隙間が出来たので糀を入れて振って混ぜました)。

 

 発酵させるのだから(新生姜は発酵しないと思いますが)、見切り品でも良いかと思ったのですが、さてさて、美味しく出来ますかどうか。

  
 追記:夜に成って(仕込みは14時台)、思いついて、酒粕も入れてみた。新生姜にも、酒粕、糀、麹屋甚兵衛の浅漬けの素(少々)+塩を入れてみた、発酵しないとは思いましたが。

 追記2:実は、新生姜は、去年の新生姜の酢漬けの残り汁が大半で、それに酢と塩を足してみたのですが、夜に汁を味見したら、酸っぱくも塩辛くもなく、これでは浸かりそうもないと思いました。それで、汁が一杯で酢を足す事は出来ないので、塩を足してみました。

 追記3:早朝、見たら、青唐辛子とウドの細かい泡が消え、発酵が止まったかなと言う感じ。逆に、新生姜の方は、細かい泡が出て発酵が始まった感じ。青唐辛子とウドには、酒粕を入れすぎたせいかなと、麹屋甚兵衛の浅漬の素を足してみたら、1時間後に細かい泡が出現。発酵って、かなり微妙ですね。今後が楽しみ。